2017年10月5日木曜日

県議会の委員会審査

 3日間にわたる長野県議会の委員会審査が終了しました。 環境委員会(2日)では、県立自然公園内で施設の整備をすすめるための条例改正案について、乱開発や自然破壊にならぬようにただしました。
 また、再生可能エネルギーの推進のために自然エネルギー地域発電推進事業など、取り組みの強化を求めました。

 産業労働委員会(3日)では、県内でも過労死が相次ぎ、違法な時間外労働がまん延している事実を明らかにしながら、長時間労働をなくしていくために県と労働局が共同して取り組みの抜本的強化を求めました。

 観光委員会(4日)では、山の事故防止対策として、登山計画へのアドバイスや相談活動を提案。
 マンションなどを活用した宿泊事業によって、外国人宿泊者と地域の間でトラブルが各地で生じています。とりわけ、管理業者が家主から委託を受けて営業する場合は問題が多いため、条例によって規制するなどの対策を求めました。

 今回、具体的な県民要望の実現はありませんでしたが、取り上げた課題は重要なので引き続き実現は働きかけたいと思います。

環境委員会 10月2日

 

0 件のコメント:

コメントを投稿