2017年8月6日日曜日

食堂ピカドン

 8月6日。日曜日定例の長野駅前の宣伝で、食堂「ピカドン」の話しをしました。

滝沢真一市議(マイク)
 広島で被爆した前座良明さんが、1961年に松本市の信州大学前に開いたのが「ピカドン」です。学生時代はよく親子丼を食べました。
 前座さんは「今日の聞き手は明日の語り手」が口癖で、被爆者団体の役員を務め、原爆症の体調不良とたたかいながら生涯核兵器廃絶の運動の先頭にたってきました。 

 前座さんがは2009年にこの世を去りましたが、もしご存命ならこの7月に国連の会議で世界122カ国の賛同で採択された核兵器禁止条約をどんなに喜ばれたことでしょうか。
 前座さん、良かったですね。前座さんの「聞き手」の一人として、核兵器廃絶までがんばりますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿