2017年12月9日土曜日

長野県議会 温室効果ガス 買物弱者支援 無期転換ルール

 4日から6日まで、長野県議会の環境・産業労働・観光委員会の審査でした。

 環境委員会では、世論調査で長野県の若い人の環境問題への関心が低下している要因、長野県の温室効果ガスの排出量が業務部門などで増加している要因を取上げました。しかし、いずれも明確な答弁はありませんでした。
 引き続き、要因の分析と実効ある対策を求めていきます。

 産業労働委員会では、買物弱者の支援策を質問。移動販売や店舗への送迎サービスなどモデル的にやってみたが、ロットがそろわず採算が取れないなどの原因で現在県の取組は行っていないとのことでした。しかし、改めて県として支援策の研究など求めると、検討したいという答弁でした。

 また、無期転換ルールで質問。有期雇用で5年働けば、無期雇用への転換を求めることができますが、企業側は転換させないためにクーリング期間の拡大など脱法行為を行なっています。県が行なっている教育講座などで対応を検討したいという前向きな答弁でした。

 観光委員会では、観光関係の業者だけでなく、一人ひとりの県民の取組みやおもてなしの意識の向上をめざす県民的な運動の重要性など日頃の問題意識を提起しました。観光部長さんは「まったく同感です」と答弁されました。
 

環境委員会 12月4日

2017年12月4日月曜日

県議会で一般質問 県民要望実現へ引き続き奮闘します!


 1日、長野県議会で一般質問を行いました。くらしや安全、県民要望の実現へ大事な課題を取り上げたと考えています。残念ながら期待した答弁はありませんでしたが、あきらめずにがんばります。

【国民健康保険の負担軽減対策】
 県内の国保加入者の平均所得は59万円余、保険料が7万8千円でその比率は13・2%。一方、協会健保7・6%、組合健保5・7%(いずれも全国平均)で、格差の放置は不公平。これ以上の負担増を県民は不安に思っています。
 保険料を軽減するための一般会計からの法定外繰り入れなど、市町村の自主性を引き続き尊重するよう求めましたが、答弁は法定外繰入などは解消をめざすというものでした。


【リニア中央新幹線は凍結を】
 工事が行われている大鹿村で、JR東海が3年間限定のトンネル残土の仮置き場を、永久的な処分場に変更する計画を突然持ち出しました。
 他にも、住民置き去りの強引な進め方があちこちで問題になっています。「工事を凍結し、丁寧な説明と住民合意をJR東海に強く求めるべき」と知事にせまりましたが、答弁は「丁寧な説明と住民の合意を求めていく」としたこれまでと同様のものでした。

【民泊新法(住宅宿泊事業法)】
 軽井沢町は、様々なトラブルを起こしている営業目的の民泊施設は認めない独自の規制を実施。長野県も条例の制定を目指していますが、特に家主不在型の民泊は生活環境の破壊や安全面で問題があり、厳しく規制することを求めました。 地域の中小企業や小規模事業者が営業を継続し、住民が安心してくらせる観光政策を要望しました。

県議会本会議 12月1日

2017年11月26日日曜日

チャリでスッキリ

 今日の長野市は暖かかったので、久しぶりに愛チャリで行動しました。
 自宅を出て長野駅善光寺口で宣伝、その後事務所に顔を出して、走行距離は10kmくらいだったけどやっぱり体を動かすと気持ちいい。
 議会の質問準備で行き詰った頭もスッキリでした(^^)

銀の風号です

2017年11月23日木曜日

千日紅に癒される

 22日に開会された長野県議会の11月定例会。私の本会議での質問日程が12月1日の朝一番(10時)に決まりました。
 そんなこともあって、終日、家に閉じこもり質問の準備です。満タン状態の頭を癒してくれるのが、狭いながら我が家の庭です
 5月のメーデー会場で金融機関が配っていたタネを、7月頃に思いだして植えた千日紅。開花して3ヶ月以上たちますが、その名のとおりいまだに鮮やかな花をつけています。


我が家の千日紅


2017年11月21日火曜日

大鹿村、飯田市

 20日、長野から車で3時間弱、南アルプスと歌舞伎の里・大鹿村、そして飯田市に行ってきました。
 今回の目的は、リニア中央新幹線の工事による自然や生活環境への影響など、村民のみなさんの声や要望をお聞きすることでした。

 すでにはじまったリニアのトンネル工事ですが、工事前のJR東海の説明や住民との合意がけっきょくないがしろにされたり、強引な進め方に住民のみなさんの不安や怒りが広がっていました。
 トンネルを掘りことで発生する残土の処分場の問題でも、あくまでも「仮置き場」とされていたところを最終的な処分場にしてしまう動きがでてきたり、JR東海や県が強調してきた「丁寧な説明と合意」に反する実態も明らかになりました。
 
 現地のみなさんの声を届け、対応を求めていきます。


大鹿村 大西公園から


2017年11月18日土曜日

晩秋の信州

 このところ県内各地を飛び回る日が続きました。でも、わずかな時間でも景色を楽しんだり、少しは季節を楽しむようにしています。
 
 15日は、岡谷市で会議。少し早めに出て、小春日和の諏訪湖の周りを散策しました。16日は、飯山市へ調査活動。これは、帰り道に中野市の豊田地区に立ち寄りました、唱歌「ふるさと」を作詞した高野辰之の生誕の地。「ふるさと」の故郷で、思わず♪ウサギ追い市かの山…と口ずさみました。
 
 晩秋の信州、たくさんに方に楽しんでほしいスポットがたくさんあります。

高野辰之の故郷 中野市豊田

2017年11月13日月曜日

国民健康保険 新蕎麦

 午前中、長野県国民健康保険運営協議会を傍聴しました。来年度から始まる制度改正の狙いと、具体的な問題点が見えてきました。
 保険料の値上がり、滞納を余儀なくされている家庭からの強制的な徴収…このままでは〝安心して医療を受けるための制度〟と相反する制度になりかねません。
 22日からの県議会、がんばる決意を新たにしました。

 お昼は、「よこ亭」(飯綱町)の蕎麦。見てのとおり、コシの強い蕎麦です。そば粉は自家栽培。連れ合いがいい歳をして「追っかけ」をしてるアイドルグループが、蕎麦打ち体験をいているところが昨夜テレビで放映されて、その後追いで付き合わされたというわけです^_^; 

蕎麦は好きずき。もう少し風味があってもいいかなと。